とりあえず20Lで・・・

keisuisou.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 01日

映画『アントキノイノチ』

映画『アントキノイノチ』

先ほど見終わったとこです。

僕は映画も大好きです。記憶の中にある初めて見た映画は4歳に見たE.T.で、以来かなりの数の映画を楽しんでます。

このブログはアクアなブログなので、映画の内容に関してはそんなに批評せずスルーしましょうか〜。

人間の『弱さ』と『優しさ』、それを際立たせる『若さゆえの滑稽さ』をスパイスにした『身近な人に優しくなれる』映画でしょうか?

レンタル価格なら・・・。


で、最近淡水水槽を小道具に使う映像作品をよく見ますね。

淡水アクアなブロガーなら穴が空くほど見たであろう『そのときは彼によろしく』

aqua plants shop TRASHはさすが(ADA)の水景でした。

『さくらん』の金魚水槽も、維持、環境はともかく映像として素晴らしい。

『医龍』『ステップ ファザー ステップ』『冷たい熱帯魚』など?

飲食でも『グータンヌーボ』の影響か、海水水槽を設置したBARも流行ってるみたいですね。

『すみだ水族館』の影響も後押しに、メジャーになっていってもらいたいものです。


アントキノイノチでは、枠有り水槽、上部濾過、熱帯魚飼育メインで、あるオタク系学生の部屋の小道具として使われてました。

印象に残ったのは(たぶん)ハーフオレンジレインボー。

水槽の大きさに対して魚のサイズがでかくないか?&色、揚がってないなぁ〜って感じでした。

(見直したらたぶん60cmに二匹?あとエンゼル一匹?全然範囲内でした〜)

何を言いたいかというと、作品によって設備的に十年単位のギャップを感じるな〜って思うんですよね。

まぁカッコ良くし過ぎるとキャラ作りとしてはまらないけど、部屋はカッコ良かったんですよ〜。

間接照明、スタンドライト、コンクリ打ちっぱなし、カーテンとか。

ま、それぞれ楽しみ方もあるし自分の基準に当てはめるなって思いますが、インテリアの一部になるような水景をライフスタイルの一端としての提案に、映像作品がなれば嬉しいな〜・・・なんて。 


僕自身のそういう気持ちもあって、エーハの2004&2005はミニ水槽使いとしては気になる・・・。



ちょっと今日は飲み過ぎたぁ・・・





僕のオススメ アプリ by inoaquaさん

a0274510_204136.png


ダウンロードはこちらから




皆さん、いつもありがとうございます。
下のバナー、ポチッとクリック御協力お願いします。
ランキング参加中です!!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
[PR]

by x-keiichi | 2012-06-01 01:03


<< 友人宅水槽、進化!!      ミニM2 コケ殲滅作戦 最... >>